コーチ紹介

コーチ紹介・さ行

菅野 真一

菅野 真一


東海大学のサッカー部で活躍後、ノルブリッツ北海道でプレー。2010年に指導者として活動を開始。クラッキサッカースクール、コンサドーレ札幌スポーツアカデミーを経て、早稲田大学高等学院サッカー部コーチ就任。この度、田無LIVIN校のアシスタントコーチに就任。資格はC級ライセンス、4級審判、スポーツリーダー、中学、高等学校保健体育教員免許を取得。



 


坂本 剛太

坂本 剛太


年長でサッカーを始め、小・中・高とプレー。専門学校でコーチング技術を学び、明光サッカースクール市川コルトンプラザ校のアシスタントコーチに就任。子供たちと真剣に向き合うことを忘れず、1日1日のレッスンに励んでいる。


 

鈴木 良隆

鈴木 良隆


15年以上のサッカーコーチとしてのキャリアを持つ。


基本技術、精神、仲間の大切さがスクール指導の根幹となる。


「小、中学生の時にもっと基本技術の練習をしとけばよかった」という自身の経験から子供たちには「あの時やっとけば良かった」ではなく「あの時やっといて良かった」と思える指導を心がけている。


スクールを卒業した後も鈴木コーチに相談をしに来る生徒は多く、その人望の厚さには定評がある。


「サッカーを好きになって、続けてくれること。そしてそれが人生を豊かにしてくれること」を願って、日々指導に取り組んでいる。

佐々木 優平

佐々木 優平


埼玉県吉川市出身。小学校1年生の時に地元の少年団チームでサッカーを始める。中学卒業後、柏日体高校へ進学。足元のテクニックに加え、スピードも兼ね備えた攻撃的プレーヤーとして活躍。高校時代には、インターハイ予選ベスト4、高校サッカー選手権ベスト16進出の実績を持つ。


鈴木 翼

鈴木 翼


神奈川県出身。小学4年生から横浜Fマリノスプライマリー菅田に所属し中学、高校は川崎フロンターレジュニアユース、ユースに所属。ユース時代にはサテライトリーグでのプレー経験を持つ。品川校、所沢校などで指導経験を積む。

言葉だけではなく、実際に技術をやって見せるコーチングを大切にし、厳しさの中にも楽しさのあるレッスンは、子どもだけでなく保護者からも信頼が厚い。



 

各スクールの詳しい情報はこちら