スマートフォン版を見る
明光サッカースクールとは

明光メソッド

明光サッカースクールでは、これまで培ってきた独自の技術向上方法論である”明光メソッド”をもとに、一人ひとりの”うまくなった”を実現します。

「止めて・蹴る」を徹底的に磨く

サッカーでは、ボールを受けたら必ず最後は蹴らなければなりません。「止めて・蹴る」という基礎技術こそ、サッカーにおいてもっとも奥が深く重要なポイントです。試合の中では様々な判断をしなければなりませんが、技術に乏しければプレーの選択肢も少なくなってしまいます。
正確にボールを止め、味方の次のプレーを理解し、適切なタイミングで適切なポイントへボールを蹴る。それが迅速かつ確実にできるようにするために、明光サッカースクールでは、ボールを「止めて・蹴る」というメニューの反復を重視しています。

「利き足のポイント」を意識させる

明光サッカースクールでは、「利き足のポイント」を持つことを大切にしています。これは決して片足だけでサッカーをするということではありません。食事をするとき箸を使いやすい手、文字を書くときエンピツを使いやすい手、つまり「利き手」があるように、足にも「利き足」があります。
すべてのプレーの起点になるのが利き足です。利き足側の正しい位置――「利き足のポイント」にボールを置いていれば、ボールは奪われません。そしてアウト、イン、トゥ、ヒール、どんなキックでも、そして360度どんな方向にでも、スムーズにボールを蹴ることができます。明光サッカースクールでは、この「利き足のポイント」を習得する練習を繰り返し行います。

コーチも参加するミニゲームで技術を定着させる

私たちのレッスンでは、コーチもゲームに入り、ミニゲームを行なうことで技術の定着を図ります。実戦により近いゲーム形式で技術を試すことで、その技術がどのようにプレーの中で生きるのかを実感できます。
ミニゲームでは、コーチは一切手を抜かず、持てる技術を全力で出し切ります。技術を持つプロコーチと、ゲームの中で本気でぶつかり合うことで、自らの課題を見つけ、モチベーションを高めながら、自立的に練習に取り組むようになることが上達の近道です。

無料体験レッスン受付中!

お電話でのお申し込み

✆03-5332-6318

月~金12:00~20:00(祝祭日を除く)

Web申し込みはこちら
明光サッカースクール